エンタメ (映画・音楽)

【10月31日まで】おすすめドイツ映画 ピノキオ PINOCCHIO

Hallo zusammen! Mihoです。

ドイツ映画ってヒトラーや戦争、サスペンスばかり…もっと楽しい映画が観たいという方へ朗報です

実は、あのディズニーの「ピノキオ」ドイツ実写バージョンの映画が期間限定で配信中です。

ドイツ版のピノキオの感想・レビューとともに、無料で観られる方法もご紹介します。

ドイツ版ピノキオ 予告・基本情報

原題:PINOCCHIO

ドイツ版ピノキオは2013年公開。

実写とCGを組み合わせた作品で、ドイツ人女性監督でミュンスター出身のアンナ・ジャスティス氏が監督です。

スタッフ・キャスト

原作:「ピノッキオの冒険」(伊:Le avventure di Pinocchio)カルロ・コロディ

監督:アンナ・ジャスティス

脚本:アレクサンドラ・マックサイナー/アンナ・ジャスティス

出演:

マリオ・アドルフ

ウルリッヒ・トゥクール

ベンヤミン・サドラー

インカ・フリードリヒ

フロリアン・ルーカス

サンドラ・フラー

ピノキオ あらすじ

木彫り職人のゼペットおじいさん(マリオ・アドルフ)は妻に先立たれ、愛犬のプルチーノと暮らしていました。

あるとき手に入れた薪で作った人形に「ピノキオ」と名付けます。

翌朝、目が覚めると人形に魂が宿り、ゼペットおじいさんの目の前に現れ、ゼペットおじいさんとの暮らしが始まりました。

やんちゃで純粋無垢なピノキオ。心の赴くままに行動し、あらゆるトラブルを起こしてしまいます。

ある日、学校に行かずに人形劇を観に行ってからピノキオは行方不明になってしまい……。

ドイツ版 ピノキオのみどころ

ディズニーでも知られたピノキオのストーリーは皆さんご存知の通りですが、ドイツ版のピノキオのみどころは、CGと実写が組み合わさった製作という点でしょうか。

主演のゼペットおじいさんを演じるマリオ・アドルフさんのピノキオを見る目がとってもやさしくて愛情たっぷりで観ていて癒されました。

ちなみにマリオ・アドルフさんはイタリア系ドイツ人で、御年90歳!(2020年現在)

ゼペットおじいさんがピノキオに勉強させようと、自分のジャケットを売ってまで教科書を買ったのに、人形劇が観たいからとその教科書を売ってしまう場面は子供相手でもいらっとしてしまうこと間違いなし。笑

ディズニー映画では男性のピノキオの友達のコオロギは、ドイツ版では女性の妖精として登場しています。

ドイツ版 ピノキオを無料で観る方法

ドイツ版ピノキオは現在、U-NEXTで2020年10月31日まで配信中です。

GYAOでも配信されているようですが有料配信のため、U-NEXTの31日間無料トライアルで視聴するのがお得です (無料トライアル中に解約しても費用はかかりません)

ドイツ語勉強中の方にもおすすめなドイツ版ピノキオ、ぜひ観てみてくださいね。

ABOUT ME
Miho
ドイツ人彼氏との国際遠距離恋愛について書いています。主に国際恋愛、ビジネス英語、ドイツ語学習、ドイツ語やスペイン語のエンタメについてもシェアしています。
error: Content is protected !!