エンタメ (映画・音楽)

スペイン語映画 おすすめ 6選!

Hola! Miho (@Lupo57213030)です。

スペイン語での映画はハリウッド映画ほど多くはないので、気に入るスペイン語映画を見つけるのは難しいですよね。

この記事では、わたしがスペイン語を勉強していた頃によく観ていたお気に入りのスペイン語映画を6つご紹介したいと思います。

①エルネスト(2017)

こちらはオダギリジョーさんが主演されている日本・キューバ合作の全編スペイン語での映画です。

「エルネスト」とは、あの有名なチェ・ゲバラの本名で、オダギリジョーさん演じる日系ボリビア人で医学生のフレディ・マエムラ・ウルタードがチェ・ゲバラからゲリラでの呼び名として、「エルネスト・エル・メディコ」と名づけられました。

この映画は実話をベースとして作製されたもので、フレディ・マエムラは実在した日系ボリビア人。成績も優秀で医師を目指し、人徳のあった将来有望な医学生が祖国のボリビアを離れ、ゲリラとして参戦します。

この映画を観ると、同じ日本人の血を引くフレディ・マエムラという青年がキューバ革命で戦ったんだと思うと、世界史で習った「キューバ革命」や「社会主義」がもっと身近に感じます。

チェ・ゲバラが広島の原爆ドームを訪ねたときに言った、このセリフがとても強く印象に残っています。

  君達はアメリカにこんなひどい目にあわされて、どうして怒らないのか。

エルネストはU-NEXTAmazon Primeで視聴可能です。

②あなたのママになるために(2015)

原題 “mama”

この映画はペネロペ・クルスが製作、主演をしています。

男の子のママでありながら乳がんが発覚、旦那さんとは別居中で、子供には知らせないまま治療をしていく。そんな中、不幸な事故で奥さんと娘を亡くしてしまった男性と出会い惹かれあっていくも、乳がんの再発が発覚。

最後はウルウルしてしまうのですが、そんな中にもマグダ(ペネロペクルス)の母としての強さや愛情、家族の美しさが感じられ、あたたかい気持ちになりました。

病気と向かい合うシリアスな映画ながらも、ドクターがオペ前に手術室で歌い出したり🤣

ラテン人の朗らかな生き方や人のあたたかさを感じられます。

こちらもU-NEXTで視聴できます。

③ビューティフル(2015)

原題 “BIUTIFUL”

ハビエル・バルデム主演のメキシコ映画です。

バルセロナで愛する子供と精神不安定な妻。移民を利用して稼ぐ裏取引。そして自身の末期がんが判明。

タイトルの「BIUTIFUL」は主人公の満足に教育を受けてこられなかった一面を表現しています。

わたし達日本人の知る、美しいバルセロナではなく、移民が多く、問題の多い影のバルセロナが垣間見えます。

ヘビーで、ハッピーエンドとは決して言うことができませんが、これが本当の意味での人生で、飾らない人生と言えるかもしれません。

ハビエル・バルデムは大好きな俳優(ペネロペ・クルスのご主人)ですが、さすが!と拍手したくはるほど、今回もすばらしい演技でした。

U-NEXTで視聴できます。

④ヤシの木に降る雪(2015)

原題: Palmeras en la nieve

こちらはかつてスペイン領だったアフリカのギニアを舞台にしたロマンス映画。タイトルがなんとも美しいですよね。

姪のクラレンスは年老いて痴呆が始まりつつある叔父、キリアンがギニアに定期的に送金していたことを知り、その理由を知るためにアフリカへと渡ることから始まるストーリー。

その時代に出会い、翻弄されたスペイン人の叔父とギニア人看護師の女性は愛し合いながらも離れ離れに。

ギニアの植民地時代から独立までの歴史や、差別、暴力、ギニアの文化など、観ていて目を背けたくなる場面もあります。

個人的には、ギニアの結婚式の誓いの言葉がとても印象に残っています。

  浜に打ち寄せる波のように、いつも夫には忠実であれ

こちらはNetflixのみで配信中で、DVDの販売はされていません。

⑤海を飛ぶ夢(2004)

原題:MAR ADENTRO/THE SEA INSIDE

こちらは「ビューティフル」と同じくハビエル・バルデムが主演を演じる、ノンフィクション作品です。

ハビエル・バルデム演じる人物、ラモン・サンペドロはあるとき事故で首から下が麻痺になるという障害を負ってしまいます。

その辛さから人生に希望を見出せなくなり、自ら人生を終える決意をしますが、スペインの法律では尊厳死は認められていません。

尊厳死を認めさせようとスペイン政府と戦うなかで出会った女性弁護士や、周りの支える家族とともに葛藤するストーリー。これが実話と思うと、本当に深く考えさせられました。

ハビエル・バルデムの演技も秀逸で、スペイン映画を観るならぜひ一度は観てほしい作品のひとつ。こちらもU-NEXTで観ることができます。

⑥しあわせな人生の選択(2015)

原題:TRUMAN

「海を飛ぶ夢」に続き、少々悲しい映画のご紹介が続いてしまいますが、こちらも「終活」について考えさせられる映画です。

肺がんで余命わずかなフリアンをカナダ在住のトマスが訪ね、フリアンの死に向かい合うストーリー。

長年の友人の人生が残りあまり残されていないとわかったとき、自分は相手に何をしてあげられるか?友人の意思をどれだけ尊重してあげられるか?

相手の意思を尊重したいという気持ちとは裏腹に、友人の死を受け入れられない心の葛藤。友人であるトマスに感情移入してしまい、涙があふれてしまいました。

こちらもU-NEXTで視聴できます。

おわりに

いかがでしたか?

その国の言葉の映画を観ることで、同時に文化背景や歴史を学ぶことができるので、刺激にもなりますし、より語学の勉強のモチベーションになるでしょう。☺

Go Globalでは、1週間から体験できる大人のスペイン留学の手配が可能です。

わたしのスペイン・マラガ体験ブログでくわしい留学費用や、学校の様子、宿泊したアパートの写真などをたくさん掲載していますので、ぜひご覧ください☺

スペイン・マラガ短期留学~1週間の授業料・滞在費用~Hola todos! 前回はスペイン・マラガ1週間短期留学について記事にしました。 今回は一番気になる、費用についてシェア...
ABOUT ME
Miho
ドイツ人彼氏との国際遠距離恋愛について書いています。主に国際恋愛、ビジネス英語、ドイツ語学習、ドイツ語やスペイン語のエンタメについてもシェアしています。
error: Content is protected !!